伊川健一さんは奈良の大和高原にて長年耕作放棄された茶畑を利用して自然農法を行い、素材の味わいを最大限に引き出したお茶づくりを行っている団体の代表者です。
 そんな伊川健一さんを不思議なご縁のもとに紹介していただき、オーサワの三年番茶づくりをお願いすることとなりました。
 長年化学肥料にも農薬にも汚染されていない耕作放棄地は、基本となる土が健康で、結果として自然農法を実施するには適していたようです。特に生命力あふれる樹齢30~35年の茶木を原料に使ってもらうことにしました。薪火焙煎機を新たに購入、茎の太さ、葉の大きさなど細かく選別し、それぞれに合わせて焙煎加減を調整するという大変手間のかかる工程を経て出来上ったお茶は、伊川さん達生産者の人柄そのものの。力強くもやさしい味がします。
 初年度は数量限定ですが、徐々に生産量を増やしてもらう予定です。